2018/04/26 13:22


オリジナル帽子誕生秘話 #05 
同じものはふたつとない、“別品”帽



今回は、帽子を製作した『東ハット』の工場にフォーカス。東京都北区にあり、20名の熟練した職人がひとつひとつ手作業で製作しています。工場長を勤めるのは、東ハット常務であり、KAORUの従兄弟の東浦正治氏。



東ハット工場長・東浦正治氏は、東浦姉妹の従兄弟。互いをよく知る関係から、あうんの呼吸でクリエイティブに磨きがかかっていく。








  一子相伝のレシピ


帽子作りには、“布帛(ふはく)”と型紙を取って縫い上げていく方法と、“型物”と呼ばれる無縫製の作り方があり、東ハットが手掛けているのは、“型物”という製法。“帽体”という帽子を作りやすいかたちに半成形した帽子材料を、帽子の型に入れて成型する方法です。「帽子の型を定着させるために弊社で使っているのりは、一子相伝のレシピです。前代の親父から受け継ぎ、今は自分が管理しています。のりの加減は帽子の命とも言えるもの。丁寧な工程が弊社の売りですが、特に、帽子の洗練度をつかさどる、微妙な風合いを作るのり作業は、他社に真似できないものと自負しています」と語ります。





のりをかける作業は加減が命。熟練の職人技が、素材の風合いを生かし、型崩れのないフォルムを作る。





  ひとりひとりの手によって

すべての工程が職人ひとりひとりの手によって行われるため、まったく同じ帽子というのはありません。東ハットの工場から生まれる帽子は、どれも世界で一つだけの別品なのです。




工場が建てられたのは、昭和27年。帽子製造機器や帽子の成型に使われる木型などが数多く並んでいます。

のりをかけた帽子を乾燥する専用ルームも。